072-682-0190

インプラント治療なら大阪 京都 から通院しやすい高槻市の赤木歯科

webからのお問い合わせはこちら

院長紹介

赤木誉院長

院長  赤木 誉  歯学博士

経歴

昭和57年
岐阜歯科大学卒業
昭和59年
高槻市にて赤木歯科開設
平成2年
米インプラント学会 認定医取得
平成4年
日本口腔インプラント学会 認定医取得
平成12年4月~平成15年2月まで
京都大学医学部口腔外科にて研究生として在籍
現在に至る
多くの患者様に支えていただき、この30年近く共に歩んできました。他の患者様の治療状況によりお待ち頂いたりと、大変ご迷惑をお掛けすることがあります。患者様には当院の治療にご理解頂き、大変感謝しています。

院長赤木のこれまでの歩みと今後の歯科医療

これまで長年にわたり歯科医療に携わってきて感じていることは、治療技術の習得や設備の導入などの治療に特化した部分への注力にばかり目線がいってしまいがちなのではないか、ということです。

もちろんそのこと自体は患者様にとって喜ばしいことですし、歯科医師として然るべき姿といえます。

しかし、それだけが本当の歯科医療なのでしょうか?

欧米諸国での考え方は多少違うようで、もう少し広い視野で歯科医療を考えていることをこれまでの海外での勉強で学びました。

どういうことかというと、もともと欧米諸国では一般的に予防に対しての意識が非常にしっかりしており、日本人よりも圧倒的に虫歯の本数が少ないのが現状です。国民一人ひとりが口腔内ケアを怠らないことが、ごく当然のように習慣づけられているからです。

日本においても当院では、この「治療より予防」の意識づけを広く公言し続けていこうと考えております。

また、直接的な治療からは外れますが治療環境においても院内の衛生環境が徹底されているのが欧米諸国では当然で、それがなされていなければ医院を開院することすらできません。

どれだけ精密な治療が出来ても、感染の恐れがある医院では患者様を受け入れるべきではないからです。

当院ではそういったベーシックな部分を重要視したうえで、技術と機器をそろえて患者様に最適な治療をご提供しております。

院長の受賞履歴