072-682-0190

インプラント治療なら大阪 京都 から通院しやすい高槻市の赤木歯科

webからのお問い合わせはこちら

インプラントについて

失ってしまった大人の歯は、二度と元に戻りません。

でも一生自分の歯で咬むことができれば、こんな幸せはありません。

歯を失わないに越したことはありませんが、万が一

失ってしまった時は、残った歯に悪い影響がでないようにお口の中の環境を整えることが大切です。

インプラント治療を行うことにより、それが可能になります。

インプラントとは

インプラントイメージ

インプラントとは顎の骨に人工歯根を植え込み、それを土台にクラウン(かぶせもの)やブリッジ、入れ歯をとりつける治療です。(全額自費診療となります)

インプラントの治療の流れ

Step1診断・精密検査&カウンセリング

お口の中の歯・骨の状態を確認し、レントゲン、CT撮影で骨の量など細部まで把握します。

そこから最善の治療プランと正確な費用をご提案いたします。

Step2第一回インプラント手術

手術前の診療でお口の中を清潔にし、部分麻酔での手術を行います。ここで歯茎を少し切り顎の骨にフィクスチャーを埋め込み縫合します。

Step3第二回インプラント手術

上顎で約半年、下顎で約3ヵ月間骨と結合させてから再度少し切り、フィクスチャーアバットメントをネジで固定します。

手術の型取り後約1ヵ月で「上部構造」を装着します。

Step4メンテナンス

2回目の手術後に入れる歯は、まず仮歯にて噛み合わせ等を合わせてからセラミックや金属などの歯(歯の種類を選べる歯科医院もあります)を入れて終了です。

その後は定期健診で術後の状態をチェックしていきます。

他の治療との違い

●インプラント

歯の抜けた部分に人体との親和性に優れた金属(チタン)の人工歯根部を埋め込み、セラミックなどで作られた歯冠を取り付ける治療法。

見た目的にもわかりにくく、食事にも違和感がありませんが、自費診療のため費用が高価で手術が必要です。

インプラントイメージ

メリット

  • 見た目にもわかりにくく、食事にも違和感がない
  • 隣の歯を削らずにすむ
  • しっかり噛めて顎に力が入るため、顎の骨がやせにくい
  • メンテナンスさえしっかりすれば半永久的に使用可能

デメリット

  • 自費診療のため費用が高額
  • 手術が必要
  • 治療法により治療期間が長い

●ブリッジ

失った歯の両側の歯を削って、そこに橋を架けるように義歯を装着します。義歯の素材にもよりますが見た目にも問題なく食事などにも違和感がありませんが、健康な歯を傷つけて支柱にするために負担が大きく、将来的に支柱の歯も失う恐れがあります。

インプラントイメージ

メリット

  • 比較的安価で治療可能
  • 治療期間が短い
  • 安定感がある

デメリット

  • 両側の健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に負担がかかるため歯の寿命が短くなる
  • ブリッジ部分と歯肉の間に食べかすが詰まりやすく不衛生
  • 顎の骨がやせる

●入れ歯

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があり、いずれも費用が安価で短期間で治療が終わります。口腔内を傷つけることもありませんが、使用の際に違和感があったり、取り外しての洗浄する必要があるなど不便なところがあります。

インプラントイメージ

メリット

  • 比較的安価で治療可能
  • 治療期間が短い
  • 健康な歯を傷つけずに済む(部分入れ歯)

デメリット

  • 食事などに違和感がある
  • 食べかすが残りやすく口臭の原因になる
  • 取り外して洗浄する必要があるので手間がかかる
  • 顎の骨がやせる
  • 会話中うまく発音ができない

インプラント治療をお考えの方は、25年以上の豊富な経験を持つ当院にご相談ください。
当院では平日の1:30~2:00の間に無料のカウンセリングを受け付けています。
インプラント治療の全般的なご相談に応じています。要予約になりますので、まずはお電話下さい。