インプラント治療なら大阪 京都 から通院しやすい高槻市の赤木歯科

webからのお問い合わせはこちら

骨が少ないケース

骨が少ないケース

他医院でインプラント治療を断られた方

インプラントイメージ

以前までのインプラント治療では骨の幅が薄かったり厚みが足りなかったりした場合、インプラントを埋入できず入れ歯などで対応しておりましたが、現在では骨造成法などの治療の進歩により様々な症状に対応することが出来るようになりました。

他の医院様で治療ができなかった方も、是非ご相談下さい。(全額自費診療となります)

骨再生治療

GBR(骨再生誘導法)

GBRとは、歯を支えている骨(歯槽骨)が少ない場合に、患部にご自身の骨や骨補填剤をおき生体適合性に優れた人工の膜を入れて歯肉を被せる事により、歯槽骨の再生を促す治療法です。

GBR法の場含は、GTR法の様に歯根膜の再生は必要あリません。

再生させたい対象組織が骨だけなので、インプラントを支柱にして専用膜のテントを張ることができれば比較的容易に骨の誘導再生が可能です。

サイナスリフト

上顎の上部に上顎洞(サイナス)と呼ばれる空洞があり、臼歯の抜け落ちや加齢などの原因でこの空洞が拡大し、インプラント埋入に十分な骨の高さが得られないことがあります。

サイナスリフトとは、上顎洞にあるシュナイダー膜を剥離挙上し、そこを自家骨や骨補填剤などで押し上げ、インプラントに必要な骨の高さを得る方法です

ソケットリフト

ソケットリフトは、サイナスリフトより骨の高さが必要ですが(5mm以上)インプラント埋入部より自家骨や骨補填剤で上顎洞を挙上するため、傷口も小さく人体への負担も軽減できます。